降圧剤で交通事故

年々増えていく高血圧症疾患の総患者数。その数は何百万という数にのぼり、その国民医療費は兆を超えるほどです。その高血圧症を抑えるのに使われる「降圧剤」が交通事故を招く可能性があります。はたして降圧剤は必要なのでしょうか?

降圧剤や透析をしている方も活用できるCOOP共済

掛け金の安さと対応の迅速さで評価の高いといえばCOOP共済です。
病気や手術時はもちろんですが事故やケガによる通院の場合も1日目から保証し、電話一本で共済金の申請が可能なので、ケガをしやすいお子さんのお守り代わりに加入している方もいらっしゃいます。
COOP共済のもう一つのメリットは、コースによっては告知条件がゆるやかで、入院や手術が決定していなければ加入できるコースも用意されていることです。
そのため、降圧剤を服用していたり透析で保険に加入できない方でも、手術や入院が決まっていなければCOOP共済に加入できる可能性が高いです。
他の保険に比較してCOOP共済は掛け金が安く、組合員さんの共済の利用状況に応じて掛け金が戻ってくるので、透析をされている方、降圧剤を利用している方なら保険料の負担もそれほど気にならないと思います。また、ケガの保証もあるので、ケガをすると症状が悪化しやすく治りにくい透析の方も安心してケガの治療にも入れるのではないでしょうか。
COOP共済で降圧剤を利用している方、透析をされている方でも利用できるコースは医療保険としては優秀ですが生命保険としての保証は手薄というデメリットがあるので、死亡時の保証も考えられている方は別途生命保険を用意されることをお勧めします。
共済金の請求にはかかった病院の領収書(コピーでも可)が必要になります。
なお、COOP共済への加入はCOOPの組合員であることが条件になるので、COOP共済への加入を検討されている方はまずは組合員加入の手続きから行いましょう。
組合員の条件はお住まいの地域によって異なります。お近くのCOOPで確認するか、COOP本部へお問い合わせ下さい。